ポトフ


こんにちは。

今回検証する料理は「ポトフ」です。

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに、美味しいポトフを作る方法を徹底的に調べ上げました。




美味しいポトフを作る3つのコツ  


① 炒めたベーコンの旨みを使う
  

② 食材を時間差で煮込む 

③ 新鮮でおいしい食材を使う




《理 由》
........................................................ 
① 炒めたベーコンの旨みを使う 

先に、細かく刻んだベーコンをじっくり炒めることで、旨みを十分に引き出して、ポトフのスープに溶け込ませる。


........................................................ 
② 食材を時間差で煮込む 

ポトフはじっくり煮込む料理。最初からじゃがいもやウインナーを入れて一緒に煮込むと、じゃがいもは煮崩れしてしまい、ウインナーは破裂してしまう。食材は、時間差で煮込んでいく。


........................................................ 
③ 新鮮でおいしい食材を使う

ポトフは食材の味をそのまま味わうシンプルな料理。いい食材を使うと、ダイレクトに味に反映される。野菜は新鮮でおいしいものを揃え、ウインナー、ベーコンも品質がいいものを使うと、確実においしくなる。



それでは、3つのコツでポトフを作ってみましょう! 




《材 料》   


ベーコン、ウインナー、人参、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、白ワイン、固形コンソメ、ローリエ、オリーブオイル




《作り方》

1.今回は土鍋を使う。土鍋にオリーブオイルを加えて火にかけ、細かく刻んだベーコンを弱火でじっくりと炒める。
ポトフの調理、その1



2.水、白ワイン、固形コンソメ、ローリエ、塩少々を加えて、大きめに刻んだ人参、玉ねぎを入れて強火にする。アクを取ったら蓋をして、弱火で2~30分煮込む。
ポトフの調理、その2


3.じゃがいもを大きめに刻み、水に5分ほどさらす。
ポトフの調理、その3


4.じゃがいもとキャベツを加えて蓋をして2~30分煮込む。
ポトフの調理、その4


5.最後にウインナーを加えて3分ほど煮込み、ローリエを取り出す。
ポトフの調理、その5


受け皿に粒マスタードを添えていただきます。

さて、お味のほどは?


ポトフ

野菜がトロトロ、味がよくしみ込んで美味しい!



それぞれの素材から出たうまみが混ざりあい、スープが抜群に美味しいです。野菜そのものの味がよくて、シンプルだけど力強い、まさに大地の味。

人参は、すーっと箸が入るほどに柔らかい。それでいて味は抜けていない。これは、新鮮な人参だからですね。

ポトフのようなシンプルな料理は、素材を味わう自分の味覚もリセットできて、とてもいいです! 



◎まとめ 

美味しいポトフを作る3つのコツは、 

① 炒めたベーコンの旨みを使う   

② 食材を時間差で煮込む 

③ 新鮮でおいしい食材を使う






スポンサーリンク

スポンサーリンク