アジの塩焼き


こんにちは。 

今回検証する料理は「アジの塩焼き」です。

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しいアジの塩焼きを作る3つのコツとは、



① 身に塩をふり、冷蔵庫で30分置く

② 塩はフライパンで炒って水分を飛ばしておく

③ グリルの火加減は中火で焼く




《理 由》
.......................................................
① 身に塩をふり、冷蔵庫で30分置く

魚に塩をふるのは味をつけるためだけではない。塩をふることで魚のたんぱく質が変化して、うまみ成分が増加する。また、塩の脱水作用で生臭みが取り除かれる。

青魚は脂肪が多くて塩の浸透が遅いので、塩を振って30分ほど置くといい。白身魚は10分ほどでいい。

 
..........................................................
② 塩はフライパンで炒って水分を飛ばしておく

塩は保管している間に空気中の水分を吸って湿気ってしまう。ふり塩の効果を高めるためには、フライパンで塩を炒って水分を飛ばしておくこと。


.................................................................
③ グリルの火加減は中火で焼く

家庭用ガスコンロのグリルで焼く場合、強火だと火が強すぎて焦げてしまう。中火で焼くとちょうどいい。




それでは、3つのコツでアジの塩焼きを作ってみましょう!




《作り方》

1. フライパンを熱して塩を乾煎りする。
アジの塩焼きのレシピ、その1


2.アジは包丁でエラを取り除く。
アジの塩焼きのレシピ、その2


3.ぜいごという尾の方にある骨を包丁でこそげるように切り落とす。
アジの塩焼きのレシピ、その3


4.腹に切り込みを入れて内臓を取り出し、よく洗ってキッチンペーパーで水気をふき取る。
アジの塩焼きのレシピ、その4


5.火が通りやすいように、身に包丁で切り込みを入れる。
アジの塩焼きのレシピ、その5


6.塩を高い位置からまんべんなくふりかけて、ざる等にのせて冷蔵庫で30分ほど置く。
アジの塩焼きのレシピ、その6


7.30分置いたら水気をしっかりとふき取り、ヒレを水で湿らせて多目の塩を付ける(化粧塩)。
アジの塩焼きのレシピ、その7


8.あらかじめ2分ほど加熱したグリルで、盛り付けて下になる方から中火で両面焼く。強火で焼くと焦げやすいので気をつける。
アジの塩焼きのレシピ、その8


さて、焼き上がりました。お味のほどは!?

アジの塩焼き

旨みがいつもと違う!これは美味しい!



焼いた身が水っぽくなく、旨味が非常に濃厚です。乾煎りした塩をふって30分置いた効果なのでしょう。非常に美味しいアジの塩焼きが出来上がりました。

少しのコツで料理は変わるものですね。今まで何度となく魚の塩焼きを料理してきましたが、この方法は凄いです。

塩をふって時間を置くという単純な調理には、しっかりとした奥深い理由が隠されていました。このブログを通して、今までの私の料理の常識が次々と打ち砕かれていきます。



◎まとめ

美味しいアジの塩焼きを作る3つのコツは、

① 身に塩をふり、冷蔵庫で30分置く

② 塩はフライパンで炒って水分を飛ばしておく

③ グリルの火加減は中火で焼く






スポンサーリンク

スポンサーリンク