ローストチキン


こんにちは。

今回検証する料理は「ローストチキン」です。

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しいローストチキンを作る3つのコツとは、



① 甘みに蜂蜜を使う

② タレに1日以上漬け込む

③ フライパンで蒸し焼きにする




《理 由》
...........................................................
① 甘みに蜂蜜を使う

鶏肉と蜂蜜はとても相性がいい。甘みに蜂蜜を使うことで、味わい深いローストチキンができる。


...........................................................
② タレに1日以上漬け込む

タレがしっかりと染み込んだ鶏肉をこんがりと焼くのがローストチキンの特徴。最低1日は漬け込むことで味がしっかりと染み込む。


........................................................
③ フライパンで蒸し焼きにする

ローストチキンはオーブンで焼くのが普通だが、フライパンでも手軽に焼くことが出来る。今回はフライパンで蒸し焼きにする方法で作る。



それでは、3つのコツでローストチキンを作ってみましょう!



《材 料》  1人分

骨付き鳥もも肉 1本
醤油      大さじ2
みりん     大さじ2
蜂蜜      小さじ1
赤ワイン    大さじ1
ニンニク    すりおろし少々
ローズマリー  2本
ローリエ    2枚




《作り方》

1.鶏肉の皮目にフォークで数箇所穴を開けて、タレが染み込みやすくする。
ローストチキンのレシピ、その1


2.フリーザバッグに醤油、みりん、蜂蜜、赤ワイン、ニンニク、ローズマリー、ローリエを加えて、鶏肉を漬け込む。空気をしっかりと抜いて、タレと密着させる。冷蔵庫で最低1日は漬け込む。
ローストチキンのレシピ、その2


3.漬け込んだタレをキッチンペーパーでしっかりとふき取り、油を熱したフライパンで皮の方から焼く。
ローストチキンのレシピ、その3


4.皮に焼き目が付いたら裏返して蓋をして、弱火で10分ほど蒸し焼きにする。
ローストチキンのレシピ、その4


5.鶏肉に火が通ったらキッチンペーパーでフライパンの余分な油をふき取り、漬け込んだタレを少し加えて、ハケで表面に何度か塗り、照りを出して仕上げる。
ローストチキンのレシピ、その5


さて、焼き上がりました。お味のほどは!?

ローストチキンのレシピ、その6

旨い!テンション上がる骨付き肉!


激ウマです。最高です。心の底から喜びが溢れてきます。

蜂蜜の甘みがよく効いてます。味がしっかりと染み込んで、香ばしく焼けています。

もう、ただただガツガツと喰らい付くだけです。言葉は要りません。

ローストチキン!旨い!ありがとう!



◎まとめ

美味しいローストチキンを作る3つのコツは、


① 甘みに蜂蜜を使う

② タレに1日以上漬け込む

③ フライパンで蒸し焼きにする






スポンサーリンク

スポンサーリンク