タコの和風カルパッチョ


こんにちは、マイルス・スマイルです。
            
今回検証する料理は「タコの和風カルパッチョ

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しいタコの和風カルパッチョを作る3つのコツとは、     



① 刺身用のタコを50℃のお湯で洗う

② ソースに塩昆布を加える

③ ソースをかけたら冷蔵庫で20分置く



      
《理 由》     
.....................................................      
① 刺身用のタコを50℃のお湯で洗う

タコは刺身用の切り身を使うと簡単でいい。この場合、切り分けてから時間が経っているとタコの臭みが出やすいが、50℃のお湯でさっと洗って冷水にとることで、臭みが抜けて美味しくなる。

これは、50°洗いという調理法。


.......................................................     
② ソースに塩昆布を加える

塩昆布にはグルタミン酸という旨み成分が豊富に含まれていて、タコの旨み成分であるアデニル酸と合わせることで、相乗効果により料理の旨みがグッと強くなる。


........................................................       
③ ソースをかけたら冷蔵庫で20分置く

こうすることで、タコの身にソースがしっかりとなじんで非常に美味しくなる。






それでは、3つのコツでタコの和風カルパッチョを作ってみましょう!     




《材 料》 1人分 

・タコ 刺身用8切れ 
・セロリ 適宜
●EXバージンオリーブオイル 大さじ1
●酢 小さじ1
●塩昆布 ひとつかみ
●大葉 2枚
●塩・コショウ 適宜




《作り方》      

1.ボールに50℃のお湯を加えて、タコの切り身を15秒ほどさっと洗い、お湯を捨てて冷水にさらす。
タコの和風カルパッチョのレシピ、その1


2. 洗ったタコはざるに取り、キッチンペーパーで水気をふき取る。
IMG_5422


3.ボールにオリーブオイル、酢、刻んだ大葉と塩昆布を加えてよく混ぜ合わせ、塩・コショウで味を整える。
タコの和風カルパッチョのレシピ、その3


4.皿にタコと薄切りにしたセロリを交互に盛り付け、ソースをかけたらラップをして、冷蔵庫で20分ほど置く。
タコの和風カルパッチョのレシピ、その4


5.オリーブオイル(分量外)をさっとかけ回してできあがり。

さて、お味のほどは!?

タコの和風カルパッチョ

噛むたびに深いうまみが広がる、美味しいカルパッチョです。


タコと塩昆布の組み合わせが抜群で、お互いの旨みが相乗効果をおこして、やめられない美味しさに!

シャキッとした食感のセロリも、タコとの相性がとてもいいです。

タコを50°洗いした効果がよく出ていて、臭みがなくて美味しい。

時間もかからない簡単な料理ですが、お酒のつまみなどに最適ですね!




◎まとめ     

美味しいタコの和風カルパッチョを作る3つのコツは、 
     
① 刺身用のタコを50℃のお湯で洗う

② ソースに塩昆布を加える

③ ソースをかけたら冷蔵庫で20分置く






スポンサーリンク

スポンサーリンク